2022年8月23日火曜日

ヤマザキ フレンチクルーラー カスタードクリーム


山崎製パン製チルドスイーツの詳細です。

コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。



ファーストインプレッション


フレンチクルーラー 
YAMAZAKI


パッケージのコメント
ふんわりとした生地に
ホワイトチョコレートをかけました・・・

このヤマザキ製のフレンチクルーラーは、要冷蔵タイプなので夏でも冷んやりと美味しく食べれるスイーツです。

チョコレートがコーティングされた商品が一足先に発売されていますが、こちらはそのホワイトチョコレートバージョンとなります。


チョコレートの方は味・価格とも満足度の高いスイーツでしたので、こちらのホワイトチョコにも期待がもてます。


チョコバージョンのレビューはこちら


価格・成分表・原材料 (2022/8月)



購入価格 
税込116.64円

栄養成分表示
 1個
熱   量   413kcal
たんぱく質   2.9g
脂   質   34.5g
炭水化物    22.6g
食塩相当量   0.4g
原材料
ミックス粉(でん粉、ショートニング、卵黄粉、卵白粉、植物油脂、食塩)(国内製造ショートニング、カスタードフラワーペースト、チョココーチング、ホイップクリーム、卵、砂糖、加糖練乳、生クリーム/加工デンプン、カゼインNa、グリシン、乳化剤、膨脹剤、酢酸Na、香料、糊料(増粘多糖類)、甘味料(ステビア、スクラロース)、pH調整剤、調味料(無機塩)、酸化防止剤(V.E)、着色料(カロテノイド、V.B2)、酵素、リン酸塩(Na)、グリセリンエステル、(一部に乳成分・卵・小麦・大豆を含む)


ディテール




表面にはパリパリのホワイトチョコレートがかけられています。




中に詰まるのはカスタードホイップ。



裏面



ミルクテイストのホワイトチョコがかけられた本体なので、カカオのほろ苦風味はなく甘さが中心の味わいとなります。

チョコバージョンでは中には真っ白なホイップクリームが詰まっていましたが、このホワイトチョコには黄味がかったカスタードホイップが入ります。

フレンチクルーラー特有の柔らかい繊維状の生地は、カスタードホイップの美味しさを更に際立たせてくれます。

全体としては、中に詰まるカスタードホイップの主張が強いかと思います。



まとめ



チョコレートバージョンでは表面のチョコと中のホイップとで違う味わいが楽しめる仕上がりでした。

このホワイトチョコバージョンでは中に入るカスタードホイップの印象が強めとなります。

チョコレート・ホワイトチョコ、どちらも選び難いハイクオリティーな味わいが感じられました。

ドーナツという特性上、カロリーがやや高めなところは仕方ありません。


以上、

フレンチクルーラー
カスタードクリーム』でした。



注目の投稿

ホームパイ ラインナップと詳細、1/1000の確率で幸せが訪れます。

不二家、ホームパイの詳細です。 2022年のラインナップよりレビューしています。