2022年11月3日木曜日

ごろっと野菜カレー セブンプレミアム


7プレミアム製、レトルトカレーの詳細です。

コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。




ファーストインプレッション


セブンプレミアム
ごろっと野菜カレー


ウェブサイトから 

1日に必要な野菜の1/3*に当たる120gの野菜が摂れるカレーです。しゃっきりとしたれんこんや人参など、大きめにカットした野菜の食べごたえと、煮崩れすることなくジュワッとした食感のなすが入って、パウチのまま電子レンジでの温められ、手軽にお楽しみいただけます。*厚生労働省推進の健康日本21の目標値より。

様々なレトルト商品を展開する7プレミアム。

カレーに関してもオーソドックスな常温タイプから、高級路線のチルドタイプまで多岐に渡ります。

この ”ごろっと野菜カレー” は、常温保存カレーの中ではやや高めの価格設定となり、セブンのラインナップでは中核をなす商品と言えます。

やはり野菜をふんだんに摂り入れたカレーとなれば、価格の上昇はやむ負えません。

パッケージ画像では十分な野菜量と感じますが、実物はどうなのでしょうか?

お弁当類では底上げ問題も浮上しているセブンです。

パッケージの印象と大きな乖離があるようでは、購入意欲が大きく低下してしまいます。



価格・成分表・原材料 (2022/10月)



購入価格

税込192円

具材

じゃがいも・れんこん・にんじん・揚げなす・フライズッキーニ

栄養成分表示

 1袋190g当たり
熱   量   130kcal
たんぱく質   2.7g
脂   質   4.9g
炭水化物    20.3g
糖質      17.1g
食物繊維    3.2g
食塩相当量   2.8g

原材料

野菜(じゃがいも、れんこん、にんじん、にんにく、しょうが)、揚げなす(中国製造)、トマト・ジュースづけ、りんごパルプ、フライズッキーニ、トマトペースト、乾燥たまねぎ、砂糖、炒めたまねぎ、発酵乳、植物油脂、食塩、カレー粉、ココナッツミルクパウダー、香辛料、ブイヨン風味調味料、酵母エキスパウダー、クリーミングパウダー/増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香辛料抽出物、香料、(一部に小麦・乳成分・大豆・りんごを含む)


ディテール







カレーの形態としては、粘度の低いサラサラタイプとなります。

流動的な本体なので、大きめにカットされた具材が際立つように仕立てられています。


色味としてはやや赤味がかって見えるように、トマトの酸味が強目に感じられます。

スパイシーな刺激もあるのですが、野菜のものと思われる甘みが効いているので、そこまで強い辛味とは感じられません。


ゴロゴロ野菜を謳った本品ですが、大きくカットされた具材は揚げなすとレンコンが中心となります。

揚げなすは独特の柔らか食感を持ち、野菜カレーという所を印象付けています。

レンコンはコリコリとした歯ごたえで大きなアクセントを主張し、このカレー1番の特徴となっています。

ジャガイモなどその他の具材は、基本的に柔らかく煮込まれており、ソフト路線の食感となります。




まとめ



基本的には野菜カレーらしい、甘みとスパイスが融合した味となります。

単純に大きな野菜が入っているカレーという事ではなく、野菜カレー特有の味わいがあるのでオーソドックスなカレーとは若干異なります。


大きめカットの野菜と滑らかなカレーの組み合わせで、決してチープな印象はなくクオリティーは高く感じられます。

全体の野菜の量としては大満足とまではいきませんが、頑張っている方ではないではないでしょうか?

中心となる野菜が揚げなすとレンコンとなるので、選ぶ理由としてはその辺りの好みとなりそうです。


1日分の野菜が摂れるという ”ごろっと野菜カレー” 、いつものカレーに倦怠感を感じた方には、十二分な変化を与えてくれるカレーです。



以上、
ごろっと野菜カレー』でした。

注目の投稿

ハッピーターン 種類とラインナップ。

レギュラー・期間限定・地域限定 亀田製菓の煎餅、ハッピーターンの詳細です。