2024年1月15日月曜日

国産野菜のブイヨン 100均 ダイソー


マルトモ製、国産野菜を使用した顆粒ブイヨンの詳細です。


フランス料理のベースに使われるブイヨンは、肉や野菜を煮込んで作る旨味スープです。

日本料理で言えば ”出汁” にあたる存在で、ブイヨンをさらに、肉・魚・野菜などで煮込だスープがコンソメとなります。

そのブイヨンを顆粒化した本商品、発売元はだしの素や液体つゆなどで和食文化を支えるマルトモとなります。

価格は百均のダイソーで購入したものなので税込108円と低価格。

国産野菜を使い老舗メーカーが作った顆粒ブイヨン、料理好きならばチェックしておきたい商品です。





概要


マルトモ
国産野菜のブイヨン


パッケージのコメント
国産6種の野菜(玉ねぎ、白菜、キャベツ、ニンジン、ニンニク、セロリ)を自社工場でじっくりと炊き出しました。化学調味料を使用していないやさしい味わいです。

6種類の国産野菜が使われたマルトモ製のブイヨン、基本の野菜を主としチキンエキスと合わせられた顆粒出汁となります。

この商品最大のトピックとしては、パッケージにも記載された化学調味料不使用という点があげられます。

様々な商品で使われる ”うま味調味料” ですが、化学的に合成されるイメージが付き纏うのでややネガティブな印象を受けます。

特にインスタント製品では安全性に関して懐疑的な部分が多いので、大きな懸念材料となっています。

その点、しっかりと ”化学調味料不使用” と謳われていれば安心感は大きいです。

手軽に旨味が詰まった味を再現できる顆粒商品なだけに、その内容にはこだわりたい所です。



商品スペック



2024/1月

内容量

24g(4g×6袋)

購入価格

税込108円

栄養成分表示

1袋(4g当たり)
熱   量   9kcal
たんぱく質   0.1g
脂   質   0.1g
炭水化物    1.9g
食塩相当量   1.8g

原材料

食塩(国内製造)、グラニュー糖、野菜エキス(玉ねぎ、白菜、キャベツ、ニンジン、ニンニク、セロリ)、デキストリン、たん白加水分解物、酵母エキス、植物油脂、チキンエキス、香辛料(一部に小麦・鶏肉を含む)



ディテール




包装は粉末状態のブイヨンが、6食分に小分けされてパッケージングされています。


使われている材料は、玉ねぎ・白菜・キャベツ・ニンジン・ニンニク・セロリと、白物野菜が中心なのでベージュカラーの粉末となっています。

この粉末状態では薄っすらとコンソメの様な香りがします。

パッケージ裏面に記載された使用方法を見ると、水・具材と本品を一緒に入れて煮込むシンプルなスタイルです。


使用するお湯の量は1袋につき300mlとなります。

一般的な紙コップのサイズが約205mlなので、その1.5倍量のスープが出来上がる事になります。



お湯で割った状態では柔らかな小麦色に染まっています。

味わいとしては塩味とチキンが中心となり、ほんのりとした甘みと野菜の旨味が加わります。

簡単に言えばコンソメスープを薄めたような印象です。

元来スープや煮込みのベースに使う出汁なので、そのままで飲むには味が薄く物足りなく感じます。

基本的にはこのブイヨンに調味料を加え、野菜・肉などを煮込んで使用します。


野菜スープ


数種類の野菜を使いスープを作ってみました。


使用した具材は、玉ねぎ・ニンジン・白菜・ピーマン・モヤシの5種類です。


野菜のエキスが溶け出したのか甘味が増したように感じられ、スープ単体時よりも味に厚みが出ています。


しかし、野菜に対して大きく味付けをするほどのパワーはないので、基本的には優しい味わいとなります。

今回はそのままの味を確認する為に、あえて味付けをせずに使ったのですが、基本的には塩コショウなどの調味料を加えて味を整えて下さい。



まとめ



スープなどの元となる出汁にあたる存在なので単体での評価は難しい所ですが、そのまま飲んでも癖のない味なので色々な場面で使えそうです。

シンプルにコンソメやトマトスープのベースにしたり、麺類に使うのも良いかと思います。

野菜を煮込む際には、基本的に塩コショウなどの調味料での味付けを必要としますが、薄味が好みの方はそのままで試してみても良いでしょう。

何よりも国産野菜が使われた化学調味料不使用商品なので安心感は大きいです。

鍋料理や煮込み料理などが美味しくなる、冬の季節には積極的に使いたい商品です。



以上、
 
国産野菜のブイヨン』でした。


注目の投稿

きたあかりコロッケ セブンプレミアム 深掘り調査

北海道産ジャガイモが使われた、冷凍コロッケの詳細です。