2020年6月1日月曜日

カップヌードル カレー 詳細比較

日清セブンプレミアムマツキヨ


あっさりおいしい カップラーメン カレー味の比較です。




カレー、ラーメンと言えば老若男女問はずの人気メニュー。

そんな2つを組み合わせたカレー味のカップラーメン。

胃に重たい印象がありますが、時には食べたくなります。



そのカレーラーメンの中でも低価格商品に絞りセレクトしました。

日清・セブン・マツキヨ、3社の『カップラーメン(カレー味)』を詳細に比較レビューします。



目次
 エントリー
 ・日清
 ・セブンプレミアム
 ・マツキヨ
 価格・成分表
 外観
 比較
 原材料
 感想・まとめ


エントリー

日清

あっさりおいしいカップヌードル


公式コメント
飲み口スッキリとしたカップヌードルカレーのスープに、カップヌードルと比べて麺量が約8割のカップヌードルカレーです。

パッケージのコメント
あっさりおいしい
飲み口スッキリ!
めん約8割

”あっさりおいしい”シリーズは、通常のカップヌードルから内容量を減らしたあっさり仕立て。

メーカー希望小売価格では標準カップヌードルカレーよりも68円お安くなっております。



あっさりおいしい
カップヌードル 
カレー
カップヌードル
カレー
希望小売価格
125円 (税別)
193円 (税別)
内容量 (麺量)
70g (50g)
87g (60g)
熱量
344kcal
422kcal


あっさりおいしいカレーは、標準カレーに対し

全内容量   80.45%
麺  量   83.33%
希望小売価格 64.76%



セブンプレミアム

カレーヌードル



パッケージには、特に商品説明がされていません。

個性的な味を出した変化球ではなく、

シンプルなカレー味のラーメンが予想されます。


サンヨー食品との共同開発品。



マツキヨ

カレーヌードル



パッケージのコメント
具材たっぷり
スパイスの利いた
チキンベースに、魚介の旨みと
スパイスを利かせたスープ 


”具材たっぷり”を大きな文字で強調しています。


具材イコールかやくの事だと思いますが、

強調しているからには、それなりの量を期待したいです。


製造者はエースコック。




価格・成分表 (2020/6月)



日清
セブン
マツキヨ

あっさり
おいしい
カレー
カレーヌードル
カレーヌードル
購入価格
税込108円
税込95円
税込108円
内容量
70g
86g
59g
エネルギー
344kcal
391kcal
238kcal
たん白質
6.5g
8.1g
5.7g
脂質
17.4g
16.6g
6.6g
炭水化物
40.3g
53.7g
38.9g
糖質
-
50.9g
-
食物繊維
-
2.8g
-
食塩相当量
3.7g
4.8g
3.8g


各社100円近辺の価格です。

気になるのはマツキヨの内容量が少ない点です。

”具材たっぷり”の為に内容量が減ってしまったのでしょうか?




外観




お湯を注入前の段階では特に ”あっさり” の影響は見られません。





他2商品よりもジャガイモが大きめにカットされています。






確かに、野菜のかやくが多いように見えます。

お湯のラインを見ると、やはり麺の量が少ないです。



比較


日清




スープの色が若干薄いように感じます。

あっさり味の影響と思われます。



セブンプレミアム




見た感じノーマルなカレーラーメンの印象です。



マツキヨ




日清とセブンは麺の太さが同等、マツキヨのみやや細めの麺。




原材料


パッケージに記載されている原材料名です。
原材料名は 使用した重量の割合の高い順に表示されています。

日清
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、ポークエキス、チキンエキス、たん白加水分解物)、スープ(豚脂、カレー粉、小麦粉、カレー調味料、玉ねぎ、でん粉、香味調味料、糖類、マーガリン、食塩、人参、ピーナッツバター、香辛料)、かやく(フライドポテト、味付豚肉、人参、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・落花生・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

セブンプレミアム
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、チキンエキス、糖類、しょうゆ、たん白加水分解物)、スープ(香辛料、糖類、食塩、豚脂、粉末ポテト、小麦粉、クリーミングパウダー、酵母エキス、ビーフエキス、ポークエキス、香味調味料、しょうゆ、デキストリン、調味油脂、発酵調味料、乳等を主要原料とする食品、植物油脂)、かやく(フライドポテト、鶏・豚味付肉そぼろ、人参、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、クチナシ色素、カロチン色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・牛肉・大豆:鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

マツキヨ
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(食塩、糖類、カレー粉、小麦粉、香辛料、大豆たん白、チキン調味料、粉末ソース、魚介風味調味料、魚介パウダー、香味調味料、オニオンパウダー、酵母エキス、全卵粉)、かやく(キャベツ、ポテト、人参、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、カラメル色素、重曹、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(カンゾウ)、酸味料、微粒二酸化ケイ素、カロチノイド色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)


”具材たっぷり”のマツキヨですが、かやくの種類自体は多くないです。


日清
セブン
マツキヨ

あっさり
おいしい
カレー
カレーヌードル
カレーヌードル
かやくの種類
4種類
6種類
4種類




感想・まとめ



日清

あっさりというか、薄味。

ほか2商品と比べてカレー味が薄く感じました。


あっさりが目的で購入する場合には良いと思いますが、

量だけ少なめがよい方には物足りないのでは?


あっさりにしたくない場合、お湯の量を少なめにした方がよいかと思います。



セブン

シンプルなカレーラーメン。

オーソドックスなカレーラーメンを食べたい場合はこちらを選ぶべき。

内容量が十分あり、この中では1番食べ応えがありました。

細かい所では、じゃがいものカットが大きめでした。

内容量・価格・味と高いバランスなので、日清のノーマルカレーには強敵だと思います。



マツキヨ

スープにキャベツの味が凄く染みています。

”具材たっぷり”というよりキャベツたっぷり。

このキャベツの味が、結構な個性となっています。(食べ比べるとハッキリと違いを感じます)

カロリー・内容量は1番少ないです。


やや変化球的な印象があるので、いつものカレーラーメンに変化をつけたい方にオススメです。








以上、
夏こそ食べたい『カップラーメン(カレー味)』でした。