2019年12月31日火曜日

アーモンドチョコレート 5種 詳細比較

不二家カバヤトップバリュロッテ明治

★★5種類のアーモンドチョコレートをわかりやすく比較しています。


チョコレートの原料、カカオ豆にはカカオポリフェノール・食物繊維。

アーモンドにはビタミンE・オレイン酸。

その2つを組み合わせた、栄養の塊のようなお菓子『アーモンドチョコレート

今回はファミリーパック商品(大袋)にしぼり、

5種類の『アーモンドチョコレート』を詳細に比較レビューします。





目次
 エントリー
 ・不二家
 ・カバヤ
 ・トップバリュ
 ・ロッテ
 ・明治
 価格・成分表
 外観
 比較
 原材料
 食べた感想・まとめ


エントリー

不二家




パッケージのコメント
アーモンドには食物繊維やビタミンEなど、うれしい栄養成分が含まれています!!
カリッと香ばしい、アーモンドとのベストバランスを追求した不二家「アーモンドチョコレート」を皆様でお楽しみください。


ベストバランスとはアーモンドとチョコレートの割合の事でしょうか?

そのあたりの好みは、人それぞれ違うようにも思いますが、かなり自信があるようです。



カバヤ




パッケージのコメント
カカオとミルクのバランスにこだわったミルクチョコレートを使用しています。
お子様のおやつ、旅行のおとも、くつろぎのひと時などにご利用ください。

こちらはミルクチョコレートこだわっているようです。”アーモンド専用チョコレート”的な事でしょうか?


トップバリュ




パッケージのコメント
国際フェアトレード認証
カカオ調達プログラム参加商品
フェアトレード商品の購入により、生産者の生活の向上に貢献ができます。

フェアトレードという言葉を自分は知らなかったのですが、チョコレートを安価に食べれる裏側には、様々な問題があるという実情です。



ロッテ





パッケージのコメント
甘すぎないおいしさ
お菓子を包んで贈ろう!ラッピングアレンジ
不織布・ワックスペーパーで作る巾着


甘さ控えめをアピール。

裏面に巾着風ラッピングのやり方が載っていましたが、味に関しては”甘すぎないおいしさ”としか記載されていません。

ネームバリューの高い商品なので、もはや説明は不要という事か?


明治





パッケージのコメント
おいしさは、プレミアムナッツセレクトから。
アーモンドをU.S.0.A.(米国農務省)が定める最高基準より厳しい基準で、何度も繰り返し選別。
粒ぞろいのアーモンドを、こだわりの直火ロースト製法で、
カリッと香ばしくロースト。
カリッと香ばしいまま、おいしいミルクチョコレートでコーティング

”U.S.0.A.よりも厳しく” なんか凄そう、アーモンドに対する情熱が伝わってきます。

今回の5社の中では、1番アーモンドチョコレートに力を入れているのでは?

大本命と言わざるをえないです。

BIGパックで44粒入り。


価格・成分表 (2019/12月)


栄養成分は全て1粒当たりの数値です。
イトーヨーカ堂とイオンにて購入。


不二家
カバヤ
トップ
バリュ
ロッテ
明治
入数
22粒
20粒
29粒
30粒
44粒
容量(1粒)
5.3g
7.3g
5.6g
3.9g
4.2g
購入価格(1粒)
13.63円
15円
8.86円
9.9円
10.50円
エネルギー
31kcal
41.1kcal
32kcal
23kcal
24kcal
たん白質
0.6g
0.71g 
0.5g
0.4g
0.5g
脂質
2.1g
2.65g
2.2g
1.48g
1.6g
炭水化物
2.5g
3.77g
2.8g
1.82g
2.0g
糖質
2.3g
3.42g
2.5g

1.8g
食物繊維
0.2g
0.35g
0.3g

0.2g
食塩相当量
0.005g
0.007g
0.01g
0.004g
0.005g



外観


不二家



この形、どこか懐かしさを感じます。

台座の部分が安定感を出しています。

味にはまったく関係ないですが。

いや、もしや…  はじめに台座の部分をかじり、チョコだけを味わえるという計算された形なのでは?


カバヤ



1粒が7.3gとダントツで大きいです。その分入数が20粒と少ない。

1粒当たりの価格が1番高く、コスト面では不利となっています。


トップバリュ



カバヤと同じような形ですが、こちらの方がやや小ぶりです。

カバヤと比べると小ぶりですが、十分なサイズだと思います。


ロッテ



こちらは5個づつ包装されています。

開ければ間違いなく5個食べ切ってしまうでしょう。

食べやめるタイミングが5個単位と考えると、ちょっと危険かも。

ゴールデンの包装は流行りなのでしょうか?


明治



唯一、包装が密封型ではなく包み紙方式。

袋を開けるとチョコのいい香りで食欲をそそりますが、パッケージコメントのアーモンドに対する情熱とは裏腹に、ちょっと雑なような気が…

パッケージ裏面には
開封後はチョコレートの香りにひかれて虫が侵入することがあります。密封性の良い容器で保管し、なるべく早めにお召し上がりください。
と注意書きがありました。



比較


チョコレート



大きさの順位(大きい方から)
カバヤ・トップバリュ・不二家・明治・ロッテ

ロッテ・明治は光沢剤を使用しているので表面がテカテカしています。

明治の包装が密封型ではないのは、表面にコーティングがしてある事も理由の1つでは?


アーモンド



アーモンドの大きさに関しては個体差があるため参考程度に。

明治は色が薄いですが、”こだわりの直火ロースト製法”の結果でしょうか?



原材料


パッケージに記載されている原材料名です。
原材料名は 使用した重量の割合の高い順に表示されています。

不二家
砂糖、カカオマス、アーモンド、全粉乳、植物油脂、ココバター/乳化剤(大豆由来)、香料(大豆由来)

カバヤ
砂糖、カカオマス、全粉乳、アーモンド、植物油脂、ココアバター、乳糖/乳化剤(大豆由来)、香料

トップバリュ
砂糖、植物油脂(大豆を含む)、アーモンド、全粉乳、カカオマス、乳糖、ココアパウダー、乳化剤(大豆由来)、香料

ロッテ
砂糖、アーモンド、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアバター、乳糖/光沢剤、乳化剤(大豆由来)、香料

明治
砂糖、アーモンド、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアバター、乳糖、還元水あめ/レシチン、香料、光沢剤、(一部に乳成分・大豆を含む) 



食べた感想・まとめ


アーモンドの大きさは各社ほぼ同じだと思うので、1粒が大きいほどチョコの割合が多くなり、砂糖の量が増えて甘くなると思います。

大き目サイズのカバヤ・トップバリュ・不二家は、チョコの割合が多いので、アーモンドの食感・味も弱くなります。

この3商品はアーモンドよりも、チョコレート重視と感じました。

チョコレート重視の方には3商品の中では、トップバリュがオススメです。

大きさは全体の2番目、29粒入っていてコストも優秀です。

大きさが最大のカバヤは1粒の食べごたえはありますが、入数が少く割高感があります。



ロッテ・明治の粒は小さいですが、これはチョコレートをケチっている訳ではなくアーモンドの味わいを重視しているからだと思います。



個人的にはアーモンドチョコレートを選んでいる時点で、アーモンドをしっかりと味わいたいのでロッテ・明治の2択です。



ロッテは確かに甘さ控えめ(ビターとは違う)、5製品の中で1番甘さが少ないですが自分にはこれがベストでした。

甘党には物足りないかもしれませんが、そんな方には明治をオススメします。

明治のこだわりアーモンドですが、正直自分にはそこまでの違いを感じる事が出来なかったです。

アーモンド好きに響いてくれる事を願います。



以上、

健康と美味しさを兼ね備えた『アーモンドチョコレート』でした。

注目の投稿

ホームパイ ラインナップと詳細、1/1000の確率で幸せが訪れます。

不二家、ホームパイの詳細です。 2022年のラインナップよりレビューしています。