2019年12月29日日曜日

セブン x 日清 チリトマトヌードル 詳細比較

セブンプレミアム日清


★★価格を抑えたプライベートブランド、セブンプレミアム日清食品のカップ麺の比較です。


適度な香辛料は食欲増進、発汗作用による血行・新陳代謝の促進効果があります。

また、唐辛子の赤色には抗酸化作用もあります。

そんな香辛料を麺とともに手軽に味わえる『チリトマトヌードル』。

セブンプレミアムと日清、2製品の『チリトマトヌードル』を詳細に比較レビューします。




エントリー

セブンプレミアム

トマトのうま味のチリトマト味ヌードル




セブンプレミアムのチリトマト味ヌードル、製造はエースコックです。

エースコックと言えば、カップ麺では日清とガチンコライバルなので、どんな味に仕上がっているのか興味がそそられます。


日清

チリトマトヌードル




こちらはお馴染み、日清のチリトマトヌードル。

製品の入れ替わりが激しいカップ麺の世界で長く販売され続けており、もはや定番商品と化しているのではないでしょうか。


価格・成分表 (2019/12月)


イトーヨーカ堂で購入。


セブンプレミアム
日清

トマトのうま味の
チリトマト味ヌードル
チリトマトヌードル
購入価格
税込100円
税込159円
内容量
63g
76g
エネルギー
259kcal
354kcal
たん白質
6.6g
8.4g
脂質
7.4g 
15.4g
炭水化物
42.6g
45.5g
糖質
40.2g

食物繊維
2.4g

食塩相当量
3.5g
(めんかやく1.4g)
(スープ2.1g)
4.0g
(めんかやく1.7g)
(スープ2.3g)

セブンプレミアムの方が量が少ないのですが、それにしても価格が日清の約63%で100円とかなりリーズナブル。

知名度の高い日清のチリトマトヌードルに対抗するには、価格で頑張るしかないですが。

両製品とも食塩相当量の内、半分以上をスープが占めています。

血圧が気になる方はスープを控えめにした方がよいですね。


具・スープの比較


セブンプレミアム
トマトのうま味のチリトマト味ヌードル


粉末の状態では、あまり香りがしなかったです。

粉の色は赤見が少なく茶色っぽい。

具材はキャベツが中心。


日清
チリトマトヌードル




こちらは粉末の状態でチリトマトの香りがたっぷりとしました。

トマトの濃度が関係しているのかな?

具材の白い四角い物は”味付ミンチ”のようです。

キャベツが原材料・かやくの中で2番目に入っていますが、セブンと比べるとかなり少なめ。


左:セブンプレミアム    右:日清

お湯を入れた状態でもやはり日清チリトマトは赤見がよく出ています。



原材料


パッケージに記載されている原材料名です。
原材料名は 使用した重量の割合の高い順に表示されています。

セブンイプレミアム
トマトのうま味のチリトマト味ヌードル
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、砂糖)、スープ(糖類、香辛料、野菜パウダー、食塩、大豆たん白、ビーフ調味料、ポーク調味料、オニオンエキス、たん白加水分解物、酵母エキス、香味調味料、植物油脂、全卵粉)、かやく(キャベツ、大豆加工品、コーン、赤ピーマン、インゲン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、酸味料、かんすい、カロチノイド色素、甘味料(カンゾウ)、紅麹色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、カラメル色素、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

日清
チリトマトヌードル
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、ポークエキス)、スープ(トマトパウダー、香辛料、糖類、たん白加水分解物、豚脂、ポークエキス、香味調味料、野菜調味料、魚介エキス、食塩、オニオンパウダー、チーズパウダー、野菜エキス)、かやく(味付ミンチ、キャベツ、コーン、トマト加工品、インゲン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、乳化剤、炭酸Ca、増粘多糖類、かんすい、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、カロチノイド色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、炭酸Mg、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)


食べた感想・まとめ


左:セブンプレミアム    右:日清


麺に関しては同等ではないでしょうか。特に際立った違いは感じませんでした。

セブンは具材がキャベツ中心なのでシャキシャキ食感、日清の様に肉的なかやくが入っていないので野菜中心という感じ。

スープの味に関してはセブンは辛味があまり強くなく、甘みと半々。

日清は辛味がセブンより2倍位強い印象でした。

日清チリトマトヌードルを食べていつも感じる事なのですが、正体は分かりませんがセロリの様な、漢方薬の様な味がするなと(嫌いじゃないです)、セブンの方は辛味が抑えられていて癖がなく、万人受けする味に感じました。

セブンのチリトマト味ヌードルはけして日清の廉価版ではなく、辛味と甘みのバランスがよく出来た商品だと思います。

価格もお手頃なので是非、一度トライしてみてはどうでしょうか?


以上、

辛味成分の摂りすぎは消化系の負担となり注意が必要ですが、時にはパンチの効いた食事がしたい『チリトマトヌードル』でした。

注目の投稿

ホームパイ ラインナップと詳細、1/1000の確率で幸せが訪れます。

不二家、ホームパイの詳細です。 2022年のラインナップよりレビューしています。