2022年10月21日金曜日

クリームたっぷり生どら焼き ごま


ヤマザキ製パン、チルドスイーツの詳細です。

コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。




ファーストインプレッション


YAMAZAKI
クリームたっぷり生どら焼き ごま



パッケージのコメント
豆乳入りごまクリームとごまソースをもちもちとした生地でサンドしました。


スイーツマニアの琴線に触れる味わいと、リーズナブルな価格で人気の ヤマザキ ”クリームたっぷり生どら焼き” シリーズ。

今回は豆乳入りごまクリームとごまソースを使った、胡麻づくしのどら焼きです。

胡麻といえば誰もが知る健康食材、リノール酸・オレイン酸と脂質に関する効能は広く知られています。

人気スイーツと高機能食材が組み合わされたとなれば試さない訳にはいきません。

ごまを使ったスイーツと言えば真っ先に思い付くのは ”ゴマ団子” ですが、ホイップクリームと組み合わされたチルドどら焼きとなれば違った美味しさが予想されます。

クリーミーなゴマ風味のスイーツ、期待せずにはいられません。



価格・成分表・原材料 (2022/10月)



購入価格
税込127円

栄養成分表示
 1包装当たり
熱   量   292kcal
たんぱく質   3.3g
脂   質   16.5g
炭水化物    32.5g
食塩相当量   0.4g

原材料
ホイップクリーム(国内製造)、砂糖、卵、小麦粉、豆乳加工品、ねりごま、でん粉、ぶどう糖、米粉、乳化油脂、ごま、水あめ、こしあん、醤油、生クリーム、寒天/加工デンプン、ソルビット、乳化剤、膨脹剤、ホエイソルト、pH調整剤、糊料(増粘多糖類、調味料(アミノ酸)、カラメル色素、(一部に乳成分・卵・小麦・ごま・大豆を含む)



ディテール






たっぷりシリーズ共通となる、厚みのあるホイップクリーム。


ごまソースは中央に配置されています。


豆乳入りごまクリーム

ごまソース


厚みのあるクリームに目が行きがちですが、まずは上下で支える生地が重要となります。

やはりどら焼きなので生地の質が良くなければ全体の印象が悪くなってしまいます。


チルド商品ながらふんわりと柔らかく、もっちりとした食感のある生地。

これによりクリームと合わせて ”ソフト&しっとり” との印象付けがなされています。


シリーズ共通となる自慢の厚みを誇るクリーム、このどら焼き最大の特徴なので大事なポイントです。

白と黒のダブルクリーム仕様となりますが、黒いごまソースは中央部に控えめな配置となります。

白いホイップクリームは豆乳仕立てのミルキー風味が中心となり、甘み・ゴマの香りはやや控えめです。

中央のごまソースは濃厚な風味があり、ごま団子にかけられているタレのような味わいがあります。

食べ進めると中央から濃厚なソースが出てくる2段構えの仕組みとなっています。

全体に胡麻の風味がありながら緩急のついた味わいは、深みをも感じさせてくれる完成度です。



まとめ



胡麻の量自体はゴマ団子のほうが多いかと思うのですが、ダブルクリームの濃淡の差によりゴマの風味をしかっかりと堪能する事ができました。

和風の食材を違和感なくクリームと合わせる所はこのシリーズの特徴ですが、今回のゴマでも上手にクリームと合わせられており良質なスイーツと感じました。


ハズレを感じさせない ”クリームたっぷり” シリーズには今後も期待ができそうです。


以上、
クリームたっぷり生どら焼き ごま』でした。


注目の投稿

ハッピーターン 種類とラインナップ。

レギュラー・期間限定・地域限定 亀田製菓の煎餅、ハッピーターンの詳細です。