2022年2月24日木曜日

ローソン× まい泉 カツサンド★違う意味でオススメです!


ローソン製ロースカツサンドの詳細です。

コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。



ファーストインプレッション


まちかど厨房
三元豚の厚切りロースカツサンド




パッケージのコメント
とんかつ まい泉監修ソース使用

ウェブサイトから 

今回のローソンで使用するソースは、フルーティーな香りと甘み、香辛料の風味が一体となり、三元豚ロースの旨みを引き立てつつ、ローソンオリジナル食パンと調和することを意識して監修しました。ご飯との相性もよく、かつ丼にも同ソースを使用しています。


「箸で切れるやわらかなとんかつ」のキャッチフレーズで、全国的な知名度を誇る ”まい泉”。

その”まい泉”とローソンのコラボレーション商品。

自身は地方を生活拠点としている身、「あの、まい泉のカツサンドが!」と飛びついてしまいました。


しかし、このカツサンドはあくまでもソースのみの監修という微妙な商品。

パンもトンカツもまい泉とは無関係…

ソースの監修?

余り良心的な感じはしないのですが、まい泉の名が入っている商品なので期待してみましょう。


ラインナップ(まい泉監修ソース使用商品)
「三元豚の厚切りロースカツサンド」(1個入り)税込210円
「三元豚の厚切りロースカツサンド」(2個入り)税込420円
「三元豚の厚切りロースソースカツ丼」税込570円



価格・成分表・原材料 (2022/2月)



購入価格 税込210円

栄養成分表示

1包装当たり 

熱   量   309kcal
たんぱく質   11.4g
脂   質   13.8g
炭水化物    35.5g
糖質      34.2g
食物繊維    1.3g
食塩相当量   1.6g(推定値)

原材料
とんかつ(国内製造)、食パン、濃厚ソース、キャベツ、からしマヨネーズ/加工でん粉、乳化剤、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、糊料(加工でん粉、増粘多糖類、アルギン酸エステル)、着色料(カラメル)、イーストフード、香辛料抽出物、V. C、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉・りんごを含む)



ディテール


中々の厚みです
 


ソースがかかっているのは片側のみ


上から

食パン
ソース
トンカツ
キャベツ
食パン

という構成。


トンカツ
厚みは十分と感じます。

カツサンドにとってはこの厚みが商品としてのインパクト・アピールポイントなので大事な所です。

ロースカツは柔らかく、多少のサクサク食感が残っています。

厚みがありますがストレスなく噛み切れ、肉厚カツサンドを満喫できます。

キャベツ
カツサンドならばキャベツのシャキシャキ食感を楽しみたい所なのですが、お世辞にも多いとは言えないです。

しかしコンビニ商品としては検討している量だと思います。

まい泉監修ソース
甘味があり酸味が抑えられています。

主張し過ぎていないので、トンカツの味をじゃましない良いバランスと感じます。

パン
1個入りの購入でしたが耳付きの食パンなので、良い食べ応えとなりました。




2個入り(税込420円)






アドバンテージとは?



この商品、1番のポイントはロースカツの柔らかさとサクサク食感が残っていた所です。

勿論セブン・ファミマでも良質なカツサンドを扱っていますが、おそらくそれらでは敵わないと思います。


ローソン最大のアドバンテージ、それは「まちかど厨房」

店舗内で調理をし、出来立てを味わえるシステム。


揚げたてのカツサンドがコンビニで買えるのです。

揚げたての前では、ソースの味・キャベツの量などの細かい事はどうでもよくなります。

サクサクしたカツサンド、最強ではないでしょうか?。


通常は作り置きされ陳列されているので、サクサク度合いにはバラツキがあると思います。

今回の購入品は、ほんのり温かい状態でした。

時間はなるべく経っていない方が良いのですが、どの位前に挙げたのかを判断するには消費期限を確認する事になります。


作ってから消費期限を何時間後に設定しているのか定かではないですが、目安にはなるはずです。


揚げたて直後を購入するには、店員さんの揚げるタイミングを見極めなければなりません。

これは時間帯や在庫量に左右されますが、やはり狙い目はお昼前でしょう。

ランチ時間の需要を前に作りだめを始めると思うので。


左:スーパー(150円) 右:ローソン(210円)


ちなみに近所のスーパーで購入したカツサンドと比べてみました。

ローソン製は価格と比例して大きいです。

カツの柔らかさ・サクサク度はローソンの勝ちでした。


「まちかど厨房」
できたてのおいしさを求めて。
ローソンは、お店の中に専用のキッチンを作りました。
お 店 で炊き上げた白米、 お店で揚げた厚切りかつなど、 お店でひと手間かけたこだわりの味。
どうぞお楽しみください。



まとめ



美味しいく食べれたのですが、まい泉監修ソースの力だけではライバルを凌駕するまでには至らず、店内調理の効果が大きいと感じました。


「まちかど厨房」というシステムによって、改めて出来立ての美味しさを実感できました。

自分はコンビニのチルドサンドに慣れてしまっているので、より新鮮味がありました。


揚げたてカツサンドの選択となると他には、コメダ珈琲の巨大カツパン位なので貴重な存在と言えるでしょう。



以上、

まい泉監修ソース使用

三元豚の厚切りロースカツサンド』でした。


注目の投稿

シュー・ア・ラ・クレーム 詳細レビュー

セブンプレミアム製シュークリームの詳細です。 コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。