2022年4月8日金曜日

Evian Coffee 港シフォン ほうじ茶 


Evian Coffee製 シフォンケーキの詳細です。

コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。



ファーストインプレッション


港シフォン ほうじ茶
Evian Coffee

ウェブサイトから 

ふわふわ食感のシフォン生地に生クリームをトッピングしたシフォンケーキは、一つ一つ手作業で製造しています。味にこだわり品質にこだわり創業当時からのコーヒショップのスイーツとして全国の皆様にお届けしたいと思っています。


生クリームがたっぷりと詰まり食べ応えのありそうな”港シフォン”。

皮下脂肪が気になり一度は踏み止まったのですが、ほうじ茶の文字が目に留まり購入してしまいました。

”ほうじ茶”は人気の抹茶などと比べるとラインナップが少なく、 触手が動がされる結果となりました。

絹のように柔らかいというシフォンケーキとほうじ茶フレーバーの組み合わせは上品な味が予想されます。

港シフォンにはほうじ茶の他に、プレーン・紅茶・Wチョコ・ロイヤルミルクティとラインナップがあります。




価格・成分表・原材料 (2022/4月)



購入価格 税込354円

栄養成分表示
 100g当たり推定値
熱   量   278.8kcal
たんぱく質   7.7g
脂   質   16.8g
炭水化物    22.4g
食塩相当量   0.2g

原材料
鶏卵(国産)、乳等を主要原料とする食品、砂糖、小麦粉、食用植物油脂、緑茶、和三盆糖/乳化剤、セルロース、ホエイソルト、香料、(一部 に乳成分・卵・小麦・大豆を含む)


ディテール






思ったよりもクリームが少なめと感じました。


多い所だとこれ位です。





シフォンケーキ特有のエアーが沢山はいっています。



感想



ほろ苦とまでは行かないですが、芳ばしいほうじ茶の香りを感じる事が出来ました。

甘すぎないクリームと絶妙にマッチし、相性の良さを感じます。


クリームの量が想像よりも少なく、一時はテンションが下がったのですが…

シフォンケーキは飽くまでも、シフォン生地がメインなのかもしれません。


ほんのり甘みのついたシフォン部分なのですが、これは好みが分かれる所だと思います。

ロールケーキなどのきめ細かいスポンジとは違い、エアーが沢山入っているので食感が大きく異なっています。

ある意味クセのあるスポンジと言えます。

シフォンケーキが好きな方は、この軽くふわふわな食感が心地よいポイントなのだと思います。

しかしこの食感に馴染めない場合には、パサついた生地のようにも感じてしまい、決して良い舌触りではないと思います。

この ”港シフォン” は高価格帯の商品という事もあり、シフォンケーキを熟知した方にオススメと感じます。

食べ応えのある容量ですが、軽い食感なので難なく食べきる事ができました。


以上、

Evian Coffee 
港シフォン ほうじ茶』でした。


注目の投稿

シュー・ア・ラ・クレーム 詳細レビュー

セブンプレミアム製シュークリームの詳細です。 コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。