2022年8月29日月曜日

ポテロング・不揃いお得品・CoCo壱番屋ポテトスティック比較。


ポテロング・ポテトスティック、ポテト菓子の詳細です。


スティックタイプ菓子の代名詞となっている、昭和生まれのお菓子 ”ポテロング”。

油を使わないノンフライ製法で仕上げた独特の軽い食感は、ポテトチップスとはまた違った美味しさがあります。

ダイソーで発売されている、ポテロングの不揃い品と正規品を比較しました。

おまけとしてCoCo壱番屋のポテトスティックもレビューしています。

ポテロング


森永


ウェブサイトより
ポテトチップスのように油で揚げず、
風味つけに油をスプレー。
油の量を抑えつつ、ジャガイモと味付けの風味のバランスを調整することで美味しいノンフライスティックに仕上げています。


細かいものも入っています

大中小と様々な大きさが入っています。(全数ではありません)


一番上に並ぶものが、折れていない最長品となります。

大中小のポテロングをランダムに取り出し並べましたが、意外と短いものも多く入っていました。

もちろん個体差があるとは思いまが、当初のイメージでは最長品の割合がもう少し多いのかなと思いました。


内容量
45g

購入価格
税込138円

栄養成分(45g)
エネルギー(212kcal)、たんぱく質(3.0g)、脂質(8.4g)、炭水化物(31.1g)、食塩相当量(0.6g)
原材料
乾燥じゃがいも(外国製造)、植物油脂、小麦粉、米粉、とうもろこし、食塩、しょうゆ(大豆を含む)、調味パウダー(豚肉を含む)、酵母エキス/乳化剤、膨脹剤、調味料(アミノ酸等)、塩化Mg、香料


 ポテロングお得!


森永


パッケージのコメント
製造時に折れた、長さ不揃いのポテロングです。
味も品質も全く同じ美味しさを、大袋に詰めました。



大中小を並べましたが正規の長さのものはありませんでした。(全数ではありません)



スティック状のお菓子としては異例の長さを誇るポテロング、製造段階での破損は容易に想像することができます。

その不揃い品を詰めたお買い得のポテロング。

これは消費者にとっては嬉しい放出品です。

もちろん栄養成分や原材料は正規品と同じなので安心です。


この不揃い品ですが、確かに細かいものが多く詰められています。

正規の長さのものは1本も入っていませんでした。

味は同じなのですが、ある意味ポテロングの特徴である ”ロング” が失われているので、商品としては致命的とも思われます。

ポテロングファンとしては複雑な心境でしょう。


気になる価格なのですが…

内容量が75gでダイソー価格の108円となります。

正規品(スーパー)
45g 138円

不揃い品(ダイソー)
75g 108円

なんとノーマルポテロングに対し約53%オフという超お買い得品となります。

これだけのリーズナブル価格、店頭に並べばすぐに売り切れてしまうでしょう。

ダイソーへ行った際には、先ずはこの不揃いポテロングをチェックすべきです。


内容量
75g

購入価格
税込108円

栄養成分(75g)
エネルギー(354kcal)、たんぱく質(5.1g)、脂質(14.0g)、炭水化物(51.8g)、食塩相当量(1.1g)
原材料
乾燥じゃがいも(外国製造)、植物油脂、小麦粉、米粉、とうもろこし、食塩、しょうゆ(大豆を含む)、調味パウダー(豚肉を含む)、酵母エキス/乳化剤、膨脹剤、調味料(アミノ酸等)、塩化Mg、香料


ポテトスティック


CoCo壱番屋



パッケージのコメント
ココイチとび辛スパイス使用

とび辛スパイスを使用したカレー風味は、ティック菓子との相性もよさそうです。

全数量です

全数量です


左:CoCo壱番屋  右:ポテロング


多数のコラボレーション商品を展開するCoCo壱番屋。

このポテトスティックはダイソー限定商品となります。

全体的に短い本体、ポテロングに比べかなり短く感じられます。

太さがある外観なので、フライドポテトのような印象があります。

食感にはポテロングのような軽さはなく、しっかりとした硬い歯応えが感じられます。

1本1本に食べ応えがあるので、ポテト感はこちらの方が強いです。

塩分強めのスパイシーな味わいで、ポテロングとは似て非なるものといった印象でした。

40gと少なめですが、濃いめの味なのでちょうど良い量かもしれません。

製造は様々なPB商品を取り扱う味源。


内容量
40g

購入価格
税込108円

栄養成分(40g)
エネルギー(184kcal)、たんぱく質(3.3g)、脂質(7.0g)、炭水化物(26.8g)、食塩相当量(0.7g)
原材料
じゃがいも(遺伝子組換えでない)(中国)、植物油、カレーシーズニング、食塩/調味料(アミノ酸等)、ケイ酸Ca、加工デンプン、香料、酸味料、甘味料(ステビア)、カラメル色素、乳化剤、香辛料抽出物、(一部に小麦・大豆・牛肉・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)




注目の投稿

ホームパイ ラインナップと詳細、1/1000の確率で幸せが訪れます。

不二家、ホームパイの詳細です。 2022年のラインナップよりレビューしています。