2022年3月2日水曜日

モンテール ふんわりどら焼・お抹茶★イメージと違ってしまいました。


抹茶風味のチルドどら焼の詳細です。

コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。



ファーストインプレッション


モンテール 
ふんわりどら焼・お抹茶



パッケージのコメント
抹茶白こしあんクリーム

ウェブサイトのコメント 

クリームとたのしむフレッシュな和洋菓子のどら焼です。
白餡をブレンドした抹茶白こしあんクリームをふんわり焼き上げた生地でサンドしました。

抹茶テイストの要冷蔵タイプのどら焼となります。

あずき・栗に続き ”ふんわりどら焼” シリーズのレビュー第三弾となります。


抹茶人気によりアイス・ケーキ・シュークリームなど、数々の抹茶風味商品が発売されています。

ライバル商品の多い抹茶カテゴリー、リピート購入のハードルは高いのではないでしょうか?

どら焼と抹茶がどの様なマッチングとなっているのか気になる所です。




価格・成分表・原材料 (2022/3月)



購入価格 税込105円

栄養成分表示 1包装(1コ)当たり
熱   量   193kcal
たんぱく質   4.3g
脂   質   4.5g
炭水化物    33.9g
食塩相当量   0.3g

原材料
白こし館(国内製造)、液全卵、砂糖、小麦粉、乳等を主要原料とする食品、水飴混合異性化液糖、水飴、加工油脂、みりん、ながいも、抹茶、食塩、異性化液糖、オリゴ糖/膨服剤、香料、乳化剤、着色料(クチナシ)、増粘多糖類、pH調整剤、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・やまいもを含む)



ディテール・感想




実測サイズ

直径約9cm 高さ約3.8cm 重量71g






スポンジ生地は他の ”ふんわりどら焼” シリーズと同様に、非常に柔らかく満足な仕上がりです。

クリーム部分に関しては白餡のテイストが強く、抹茶あじの白餡という印象です。


このモンテールふんわりどら焼は和洋菓子というコンセプト。

同シリーズの ”あずき”・”栗” は、いずれも餡とクリームの2層仕立てで洋菓子テイストを強く感じました。

しかしこの抹茶は ”抹茶白こしあんクリーム” と名付けられた1層のみ、洋菓子の要素が弱いと感じました。(カロリーは抹茶が低いです)

抹茶の風味は価格相応ではないでしょうか?価格を考えると過度な期待はできないです。



まとめ



ふんわりどら焼シリーズの ”あずき”・”栗” と比べるとクリームのテイストが弱く感じました。

同シリーズの洋風クリームをイメージして食べると、期待はずれ感が強いです。

クリームがどの程度配分されているのか分らないですが、食べた印象は抹茶味の白餡でした。


抹茶風味の和風どら焼としては良いのですが、クリームベースの洋風どら焼としては不満が残る結果となりました。





以上、
モンテール 『ふんわりどら焼・お抹茶』でした。


注目の投稿

シュー・ア・ラ・クレーム 詳細レビュー

セブンプレミアム製シュークリームの詳細です。 コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。