2023年5月6日土曜日

チョコレートクッキー 100均・ダイソー


100円ショップのDAISOで買えるクッキーの詳細です。
 

ダイソーで買える数あるお菓子の中から、コック帽とリボンのマークが目印しとなるチョコレートクッキーをチョイスし深掘り調査しました。





概要


チョコレートクッキー


パッケージのコメント
なめらかなチョコレートクリームをモカコーヒー風味のクッキーに包んでさっくり焼き上げ ました。

このシリーズのクッキーには、チョコチップが中に入る ”チョコチップクッキー” もあるのですが、
こちらはクリーム状に加工されたチョコが入る ”チョコレートクッキー” となります。

パッケージ画像の断面からは溶解したチョコレートの様なものが見え、クリームの柔らかさが想像できます。

クッキー生地にもモカコーヒーが練り込まれているという事なので、カカオの風味をタップリと味わえそうです。

注目点としては、中に入るチョコレートクリームのクオリティーとなります。

やはりパッケージ画像では多少盛られているケースがあるので、実物を見てみなければ判断できません。


このクッキーはマレーシアが原産の輸入商品となりますが、オール日本語で書かれた専用品なので一見それとは判りません。

輸入は食品を幅広く扱うエボルテック株式会社となり、お問合せ先は電話番号が表記されていました。



商品スペック



2023/5月

内容量

8枚入り

購入価格

税込108円

原産国

マレーシア

栄養成分表示

1枚(標準10g)当り
エネルギー(52kcal)、たんぱく質(0.5g)、脂質(2.7g)、炭水化物(6.3g)、食塩相当量(0.05g)

原材料

小麦粉、チョコレートぺースト (砂糖、植物油脂、ココアパウダー)、植物油脂、砂糖、ブドウ糖、塩、加糖練乳 / ベーキングパウダー、香料、乳化剤 (一部に小麦、乳成分、大豆を含む)



ディテール




クッキーは1個づつ個別で包装されています。

8個入りなので1個当り税込13.5円となります。



薄い焼き色の本体からは、甘いクッキーの香りが強く感じられます。


手に取った感触でクッキーの種類が判明しました。

きめの細かいザラついた生地のラングドシャでした。

口どけの良い食感で個人的には大好きなクッキーです。

表   うら



上面は大きく湾曲しパックンチョを巨大化したような形状です。


割ってみるとやはりソフトな感触はなく、粉々に粉砕されてしまいます。


中からは滑らかなチョコレートクリームが出てきました。

このクリームは一般的なサンドクッキーに見られるような硬いタイプではなく、垂れてきそうな位の柔らかさがあります。

味に関しては、その甘い香りとは裏腹にビター感強めとなります。

滑らか仕様のクリームはほろ苦風味となるので、クッキー本体が甘さをカバーしている構造です。

クリーム自体は甘味が抑えられているので、それほど目立つ存在ではありません。

歯切れの良いクッキーに入る事でしっとり感が強調され、クオリティーの向上に寄与している印象です。

また後味には、甘さを引き立たせるような塩味が感じられ、甘ジョッパイ雰囲気も持ち合わせています。

ラングドシャにはしっかりとした厚みも感じられるので、食べ応えもありました。



まとめ



口どけの良いラングドシャにしっとりとしたクリームが入り、クオリティーの高い味わいが感じられました。

クリームに関してはビター感強めのチョコレート風味ですが、クッキー本体にはしっかり目の甘味がついています。

中からほろ苦クリームが出てくる大人のクッキーという印象で、甘めのドリンクとも合いそうです。

厚みがしっかりとあるクッキーなのでコスパも悪くありません。


個別包装されているので携帯性も良いですし、消費期限も長めなので非常用としても活躍してくれそうです。


以上、

ダイソーで買える
 
チョコレートクッキー』でした。


同シリーズのレビューはこちら




  

注目の投稿

クッキー、箱入り商品 比較

フルタ製菓・ブルボン・ イトウ製菓・ カバヤ・ 森永 、ボックス入りクッキーの詳細です。