2022年6月19日日曜日

ペコパフ 酪王カフェオレ入りクリーム


不二家製、チルドスイーツの詳細です。

コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。




ファーストインプレッション


FUJIYA
ペコパフ



パッケージのコメント
「酪王カフェオレ」(乳飲料)入り
コーヒー風味クリームを使用しています。
●クリーム中、酪王カフェオレ5%

一見すると不二家の人気シリーズ ”ペコちゃんのほっぺ” のようですが、こちらはペコパフという商品となります。

フレーバーの ”酪王カフェオレ” は福島県に本拠地をもつ乳製品メーカー、酪王協同乳業の人気商品。

福島のソウルドリンクと言われる牛乳ベースのカフェオレとなります。

カフェオレ風味という事なので、ミルク&コーヒー味のパフケーキと思われます。



価格・成分表・原材料 (2022/6月)



購入価格
税込84円

栄養成分表示
 1包装当たり
熱   量   161kcal
たんぱく質   3.6g
脂   質   8.4g
炭水化物    17.7g
食塩相当量   0.1g

原材料
ホイップクリーム(国内製造)、コーヒーフラワーペースト(コーヒー乳飲料、水あめ、麦芽糖、砂糖、植物油脂、その他)、卵白、全卵、砂糖、卵黄、小麦粉、油脂加工品、生クリーム、加糖練乳、牛乳、蜂蜜、ゼラチンパウダー、でん粉、卵白粉、卵白加工品、バニラシロップ/ソルビット、トレハロース、加工デンプン、乳化剤、グリシン、糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、リン酸塩(Na)、カラメル色素、香料、酸味料、酵素、ショ糖エステル、pH調整剤、(一部に乳成分・卵・小麦・大豆・ゼラチンを含む)



ディテール









きめの細かい、見るからに柔らかそうなスポンジ状のパフ。

ほぼペコちゃんのほっぺと共通です。

違いといえば表面に焼印がない所位でしょうか。

ほんのりとした甘さで、柔らかいカステラのような味わいです。


肝心のクリームは香ばしいコーヒーの香りと共に、ちょっぴり苦味が感じられるようなカフェオレクリームです。

決して甘すぎないので幾つでも食べれそうです。

ミルキー風味もあり、少しビターなコーヒー牛乳といった印象でした。

できるならば酪王カフェオレと一緒に味わいたい所です。



まとめ



この酪王カフェオレ入りクリーム、ペコちゃんのほっぺシリーズに入っても可笑しくないフレーバーと感じました

カカオ系ではチョコレート味が多いスイーツの中で、貴重なコーヒー風味と感じます。

カスタードやチョコクリームでは甘すぎる、といった方にはオススメです。


以上、

ペコパフ
酪王カフェオレ入りクリーム』でした。

注目の投稿

ハッピーターン 種類とラインナップ。

レギュラー・期間限定・地域限定 亀田製菓の煎餅、ハッピーターンの詳細です。