2022年6月14日火曜日

ヤマザキ 串わらびもち はちみつレモン ☆ ゼリー感覚のわらび餅


山崎製パン、季節限定 和菓子の詳細です。

コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。




ファーストインプレッション


ヤマザキ
串わらびもち
はちみつレモンソース小袋別添



パッケージのコメント
季節限定
冷やしてもおいしい 


ヤマザキの人気シリーズ 串だんご 。


そこにわらび餅が加わる事自体がトッピクなのですが、何と ”はちみつレモン” という変化球的なフレーバー。

夏らしい涼しげなイメージはあるのですが、何とも未知数な味です。

一発商品で終わらないと良いのですが。(そうなればある意味貴重なので食べておきたいです)



価格・成分表・原材料 (2022/6月)



購入価格
税込127円

栄養成分表示
 1パック当たり:はちみつレモンソース含む
熱   量   306kcal
たんぱく質   0.3g
脂   質   0g
炭水化物    76.2g
食塩相当量   0.3g

原材料
麦芽糖(国内製造)、添付蜂蜜レモンソース、砂糖、レモンマーマレード、わらび粉/加工デンプン、ソルビット、酸味料、グリシン、増粘多糖類、酸化防止剤(V.C)、pH調整剤、フラボノイド色素、香料、酵素、リン酸Ca、(一部に卵を含む)


ディテール






別添のはちみつレモンソース


ソースはやや硬さのあるゼリー状

先にレビュー済みの”黒蜜きなこ”での失敗を活かし、別皿に移しました。

わらび餅とソースが同じ色なので同化しています。




鮮やかな黄色のわらび餅、原材料をみるとフラボノイド色素が使われています。

フラボノイドと言えば健康成分ポリフェノールの一種です。

人工的に感じていたこのわらび餅の色が良心的に思えてきました。

スイーツを食べながら、少しでも健康的になれれば最高なのですが。


わらび餅本体は、ほんのりと甘く微かなレモン風味。

中からは濃い味付けがされたレモンの皮らしき粒の食感がありました。

はちみつレモンソースは濃厚な甘みと酸味があります。

ソース単体では濃過ぎますが、薄味のわらび餅と絡めると良いバランスだと思います。

はちみつレモンソースには適度な硬さがあるので、こぼれづらく食べにくさは感じませんでした。



まとめ



ゼリー感覚で食べられる甘酸っぱいわらび餅という印象でした。

変化球的な要素を感じる事なく、素直に美味しいと感じました。

”ヤマザキ串だんご” ヘビーユーザーの方にも夏の暑い時期には、このはちみつレモンわらび餅はおすすめです。

レギュラー団子にはない酸味と清涼感があり、冷蔵庫で冷やしておけば更に美味しく食べれます。



以上、

串わらびもち

はちみつレモン』でした。



注目の投稿

牛丼 並盛 完全比較 & テイクアウト ユーティリティ

吉野家 ・ すき家 ・ 松屋 ★おもち帰り牛丼の肉・ご飯・玉ねぎの重量比較、付属品の詳細★