2022年7月1日金曜日

まみれさんのバカンス プレミアム・シリーズ比較。


カントリーマアム、期間限定商品の詳細です。

コスト・具材・食べ応え・オリジナリティなどをレビューします。




ファーストインプレッション


不二家
カントリーマアム
まみれさんのバカンス 
PREMIUM

パッケージのコメント
バナナピューレ入り
重量約5倍*
*通常のチョコまみれとの比較

カントリーマアム、まみれさんシリーズより

”まみれさんのバカンスPREMIUM”。


BOX入りの”まみれさんのバカンス”をさらに進化させたPREMIUM。

重量が約5倍という巨大な1枚物となっています。

ずっしりとした重量感とゴールドに光るパッケージがプレミアム感を演出しています。

その価格はBOX7枚入りをも上回っているPREMIUM、

パッケージ画像ではバナナ的なものがサンドされているようにも見えますが、中身が大変気になります。



価格・成分表・原材料 (2022/7月)



購入価格
税込183.6円

栄養成分表示
 1袋当たり
熱   量   227kcal
たんぱく質   3.2g
脂   質   12.2g
炭水化物    26.1g
食塩相当量   0.17g
原材料
準チョコレート(乳成分・アーモンドを含む)(国内製造)、小麦粉、チョコレート(卵・乳成分を含む)、卵、砂糖、マーガリン(乳成分を含む)、加糖練乳、ココア、油脂加工品、もち米粉、でん粉、酒精飲料、ショートニング、植物油脂、バナナぺースト/加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、膨脹剤、香料(乳由来)、着色料(カラメル、紅花黄、カロテノイド)、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、pH調整剤、増粘剤(アルギン酸エステル)



ディテール




専用トレイに入った ”プレミアムまみれさん”。

濃厚なチョコとバナナの香りに、プレミアムな予感を感じます。



初夏の熱気により表面が溶け出したようです。

たっぷりとチョコを纏った本体は、気温に関しては非常にデリケートです。





もはやカントリーマアムとは思えない大きさがあります。

黄色い何かが見えてきました。


中身を見ると、まみれさんのバカンスを単純に巨大化した商品ではない事がわかります。




中にはバナナにまみれたクッキーが詰まっていました。

これによりたっぷりとバナナピューレを味わう事ができます。


周りにはビター感のあるチョコ。

中はほぼクッキーが占めているので、全体としては柔らかい食感となります。

しっとりクッキーの要素が強く、チョコパイのような印象もありました。




比較


まみれシリーズ3商品を比較しました。

・チョコまみれ
・まみれさんのバカンス 
・まみれさんのバカンス premium。

左から、チョコまみれ・バカンス・バカンスpremium



重量5倍と言われるとやはり計測したくなります。



計測の結果
チョコまみれ    10.95g
バカンス      10.16g
バカンスpremium  45.49g
となりました。

”まみれさんのバカンスpremium” は重量約5倍との事ですが、実測では4.15〜4.47倍の数値に留まりました。

今回はチョコが溶けてプラケースに付いてしまった部分もあるので、致しかたありません。

条件が整えば本来の力を出してくれるはずです。


真ん中の ”まみれさんのバカンス” にもバナナ的なものは入りません。

premiumだけの味わいとなります。


まとめ



地域限定商品を含めると膨大なラインナップを誇るカントリーマアム 。

人気シリーズ故に保守的にもなりがちな所ですが、今回のプレミアムのようなアグレシッブな姿勢には評価をしたいです。

お菓子はただの食料品ではなく夢をも詰まっている商品、ファンとしては今後も冒険心を忘れない開発を願いたい所です。


以上、
まみれさんのバカンス  プレミアム』でした。


まみれさんのバカンスBOXのレビューはこちら

2022カントリーマアム ラインナップのレビューはこちら





注目の投稿

冷凍チャーハン、ひと目で具材がわかるレビュー。塩分量計算済み

レトルトチャーハンの詳細です。 具材画像だけでもご覧になり参考にして頂ければと思います。